【PiTaPa】「KOBE PiTaPa STACIA NCカード」2019年11月1日からの再発行などは問い合わせ先が変更!

PiTaPa

「KOBE PiTaPa STACIA NUカード」の発行元が、2019年11月から変更となります。

発行元が、変わるからと言って使う側は特に大きな変更はありません。

変更になる点は、解約や再発行などをする際の問い合わせ先が変更になる。

変更は、これだけです。カードが変更になる訳でもないし、手続きが必要になるわけでもないしで何もしなくて大丈夫です。

【PiTaPa】オートチャージまとめ【申込・解除・使い道・キッズ】
PiTaPaのオートチャージについてまとめました。オートチャージ自体は、とても便利な機能なのですがチャージをすると使い道がない問題に直面する事もあります。このオートチャージは、関西圏では特に問題なく利用出来ますが他の地域ではオートチ...
スポンサーリンク

「KOBE PiTaPa STACIA NC」カードってどれ?

  • 前面に、「STACIA」 と書かれています
  • 発行が「KOBEカード協議会」(カード裏面に書かれてます)
  • クレジット機能なし
  • キッズ・ジュニアカードもあり

同じKOBE PiTaPaでも、クレジット機能付きは今回は対象外となります。

「KOBEカード協議会」での、PiTaPaの発行は2019年9月30日までとなります。

変更後の問い合わせ先

2019年11月1日からは、「株式会社阪急阪神カード」へ移管し、カードの再発行・中止・解約などの問い合わせ先が変わります。

PiTaPaカードは、どのカードもカード裏面に問い合わせ先が記載しています。しかし、今回の事でその問い合わせ先が変更となってしまいます。

カード裏面に「KOBEカード協議会」書かれている場合は、先ほども書いたように「阪急阪神カード」のコールセンターにとなりますので注意して下さい。

《2019年11月1日からの問い合わせ先》

阪急阪神カードコールセンター  06ー6375ー6488

変更後、ポイントはどうなる?手続きが必要?

使う側は、ポイントはそのまま使えますし、手続きも特に必要ないです。

一番の違いは、なにかあった時のコールセンターが違う(電話番号が違う)点だけです。

それ以外は、今まで通り使って何も問題ありません。

まとめ

発行元が変更と言うお知らせを私は初めて見ました。そんな事があるんですね。

しかし、何かと変更点が多いPiTaPaにしては今回に関しては変更点が少ないようにも感じました。と言うか、今までが多すぎた気もしますけどね。

最近思うのですが、もう少し乗車割引をなんとかして欲しい。

南海電車なんて、時間帯によっては回数券を買った方が安くなりますからね。ほんと、これどうかしてる。

他の電車も、回数券の方が安くなるんじゃないかと少し思ってしまいます。これについては、いつかまたまとめたいと思います。

割引の仕方もいっぱいあって、複雑すぎるし。ほんと、つくづく複雑で手間な事が好きなPiTaPaだなと思ってます。(最後に全然違う話になってすいません)

【PiTaPa】有効期限が来たら更新手続きは?もしカードが届かなかったら?チャージはどうなる??
ICカードなのに、有効期限がこっそりと設定されているPiTaPaカードです。知らなかった人の方が多いのではないかと勝手に思ってます(私もその一人なんで…)。よくよく考えてみると、PiTaPaはポストペイ(後払い)なんでそう...
PiTaPa
スポンサーリンク
raiをフォローする
頑張りすぎない生活。
タイトルとURLをコピーしました