【引っ越し】引っ越し前日から引っ越し後にする事・やっておきたい事がたくさんすぎる

引っ越し

引っ越し前日から、引っ越し後にやる事を自分の忘備録を含めてまとめました。

書き出してみると、やはりやる事多い。

特にめんどくさいのが、役所に行くのと色々な住所変更。まぁ家でできるのは、ぼちぼちやれば良いのでまだ気持ち的に楽ですが役所などに行かないといけない物は忘れない内に一度で済ましておきたいところ。

今回は、引っ越しと言っても少し特殊になるかもしれませんが「家族と同居だったが1人で暮らす事にした(家族はそのまま住み続ける)・転居先は同じ市内」って人には当てはまります。簡単に言うと、学生などで親元から離れるけど同じ市内にはいるよって人が当てはまると思います。

それ以外の方は、もう少しやる事や手続きなどが増えると思います。

【引っ越し】自分でもビックリするぐらいの勢いで引っ越しが決定!
1人暮らしする事を決めてから1ヶ月半。自分でもビックリするぐらい急ですが、物件を決めてきました!自分がこれだけは譲れないと言う条件に、ピッタリすぎるぐらいピッタリな物件を発見してしまい引っ越しする事が決定となりました。...
スポンサーリンク

引っ越し前日

荷造りは前日までに終わらせて、あとは当日まで使う物だけが出てる状態にしておきたいところ。まぁ理想は!ですが。きっと私は、前日が一番大変だと思う…。

パソコンのバックアップ

引っ越しの時は、ノートパソコンなら自分で運ぶ方法もあるかもしれませんがほとんどの方は引っ越し業者に運んでもらうのではないでしょうか。

大事に運んでもらってても、何かしら細かい傷なんかが家具に付いてしまう事もあります。

パソコンなんかは、大事に梱包されてもっとも注意して運ばれると思いますがそれでも気を付けておきたいところ。そして、1番のショックはデータがなくなってしまう事。

そんな事が起きてしまった時の為にも、バックアップは大事なので必ず取っておきたい。

これは、前日じゃなくてももうPC使わないやって時に梱包する前に行ったら良いです。

冷蔵庫、洗濯機の水抜き

冷蔵庫や洗濯機は、いくら引っ越しと言えどもギリギリまで使うもの。

だからこそ、忘れずに水抜きを。

洗濯機なんかは、もう使わないなって日に抜いてしまうのが忘れなくて良いと思います。

冷蔵庫は、きっとギリギリまで1番使う電化製品かなと思いますがこれも水抜きが必要。

水抜きの前に、引っ越し前日までにはなるべく冷蔵庫に食材などが入ってない状態が1番ベストです。近場に引っ越しならまだしも、長距離引っ越しとなると悲惨な事になってしまいます。時に5月〜9月ぐらいまでは注意。(それ以外でも、暑い日は注意して下さい)

※冷蔵庫・洗濯機に関しては、製品によって水抜きが必要ない物もあるので説明書などで確認を。

引っ越し当日

当日が1番と言っていいぐらいに、忙しいので覚悟を!

  • 荷物の運び出し(これは、引っ越し業者さん)
  • 忘れ物がないかチェック(今まで住んでたところ)
  • 転居先に荷物搬入時に、家具をどこに置くか伝える
  • 荷物の片付け
  • どこかで、ガス・電気・水道の開栓の立会い(地域によっては、ガスのみで良いところも)

もう、書き出しただけでグッタリしてきます。

そして、今回は家族はそのまま今までの家に住むので転居元のそうじや鍵の返却などがないのが少し楽かなと思います。荷物の運び出しが終われば、何も気にせず転居先へ行けます。

ほかに、もう一つ加えるのであれば「きっと必要な物が出てきて買い物に行く事になる」と思います。荷物が片付いてないので、食事の用意をするのも一苦労だと思うので買ってくるか食べに行く事になるのも頭の片隅に置いておいてください。

引っ越し後

引っ越し後は、住所変更の嵐です。

引っ越し前に住所変更したものは、もうしなくて大丈夫なので引っ越し後に絶対しないといけないものを書き出します。

  • 転居・転入届(同じ市内なら転居届のみ・市外なら転出証明書など必要)
  • マイナンバー住所変更
  • 国民年金の住所変更
  • 福祉系の住所変更(障がい者手帳や自立支援など)  など。

役所が関連するものは、引っ越し当日又は翌日などに出来るとベストです。遅くても、引っ越し後1週間以内にはしておきたいところ。

役所関連は、特に人によって変更するものは様々だと思います。ただ、転居・転入届、マイナンバー、国民年金はすべての人が該当します。

病院で使う保険証は、加入されている保険証によって手続きが変わってきます。職場又は役所に相談してみて下さい。

他には、会社に引っ越し先の住所を知らせたり(会社によっては必要な書類があるかもしれません)、定期的に病院へ通っている場合は病院に行った時にも住所変更がある事を伝えましょう。

銀行やネットサイトなど、普段自分が使っていて住所の変更が必要なものも忘れずに。

1番にしないといけないのは、役所関係です。次に、お金が関係するもの(銀行・クレジットカード・保険など)

ネットサイトなどは、買う前に住所変更しても良いぐらいです。ただし、購入前にはよーく確認をしないと購入後の住所変更は受付ませんなんてところもあります。

まとめ

引っ越し前日〜引っ越し後は、本当に慌ただしくて気力も体力も使い果してしまうと思います。

特に忘れてしまいそうなのが、たくさんある住所変更。なるべく、下調べをして役所に行くのは一度だけにするなど工夫が必要。そうしないと、家と役所を往復するはめになるのは本当に嫌だ。

これだけをしてしまえば、あとはゆっくり荷解きが出来ると思います。

しかし、引っ越しには予定外の事が多いのでそのあたりもいちを頭の片隅に置いておくのも大事かな。何もないのが一番ですけどね。

引っ越しの際に、忘れがちな転送サービスの話。
引っ越しの際の転送サービスをおさらい。なんと、クロネコヤマトさんにも転送サービスがありました。
タイトルとURLをコピーしました