PiTaPaベーシックカードからOSAKA PiTaPaに変更したい。

PiTaPa

ちょっと、今回はローカルな話になるかもですがPiTaPaカードの話です。
今回も私の忘備録的に残しておきます。

スポンサーリンク

PiTaPaカードは種類が多い?!

もう、とにかくカードの種類が多すぎてどれにするか迷います。選択肢が多いのは嬉しいけど、多すぎるとどれにしていいかわからなくなる。

ざっと見た感じで、全部で28種類…。多いよね。
大半がクレジット機能付きの物なので、私の選択肢からは外れます。クレジット機能がない物は3種類。その中のうち1枚は定期には使えないので注意です。そうなると、もう2枚しか残ってない。28種類もあったのにね。
クレジット機能がある物も、定期として利用できる物と出来ない物があるので注意です。

子ども向け「PiTaPaキッズ・ジュニアカード」を調べてみた。
こんにちは。 子供用に、ピタパ ジュニアカード又はキッズカードと言うのがあるようです。 ショッピングが出来ない、交通利用のみのカードなので子供に持たせるにはピッタリだと思います。 今日は、簡単にですが調べて見たのでまとめておきます...

PiTaPaベーシックカードとOSAKA PiTaPaはどちらが便利?

PiTaPaベーシックカードは、その名の通り一番ベーシックなカードです。特に特典に感じる事もないです…。普通の交通IC系のカードって印象です。

ところが、OSAKA PiTaPaは違う!

地下鉄・バスの利用で、乗車料金に応じたOSAKA PiTaPaポイントをプレゼント。
たまったポイントで、PiTaPa交通ご利用代金が割引に!
OSAKA PiTaPa http://www.osaka-pitapa.com/point/index.html

これは嬉しい。もちろん、OSAKA PiTaPaのクレジット機能付きの方がポイント還元率は良いのですが、ベーシックカードはなにも付かないので少しでもポイントが付くOSAKA PiTaPaの方が嬉しいです。
ちなみに、地下鉄とバスは大阪市営のものだけにポイントが付くようです。なので、大阪市営の地下鉄とバスに乗る機会がある方はベーシックカードよりもOSAKA PiTaPaにした方がポイント分だけ少しお得です。

PiTaPaベーシックカードを解約してからOSAKA PiTaPaへ申込を。

ここで、注意です。私はやってしまいました。
それは、現在、PiTaPaベーシックカードを持っているのですがOSAKA PiTaPaを新しく申込してカードが来てからPiTaPaベーシックカードを解約しようとしたんです…。

お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、「これじゃ、OSAKA PiTaPa作れません」との手紙が来ました。割賦販売法とやらがあるようで、詳しくは良くわかりませんが…とにかく、同一名義でPiTaPaベーシックカードとOSAKA PiTaPaの二枚持ちはできませんよと言う事らしい。
なので、まずはPiTaPaベーシックカードの解約を申し込んでからOSAKA PiTaPaの申込をしてねと言う事でした。

OSAKA PiTaPaを最短で作る方法

さぁ、そんなこんなでまずはPiTaPaベーシックカードの解約を電話で申し込みます。すると、解約書を送付するので記入して送って下さいとの事でした。

そして、ここでコールセンターの方にOSAKA PiTaPaを新たに作りたいと言うと一番最短で作るには、PiTaPaベーシックカードの解約書とOSAKA PiTaPaの申込書を同封して送ってくれれば解約が終わったらすぐにOSAKA PiTaPaの申込の審査をしますとの事でした。
ただ、OSAKA PiTaPaの申込書は会社が違うようで大阪市営の地下鉄に置いてあるのを使うか別会社に電話をして郵送してもらうように頼んで下さいとの事でした。

同じPiTaPaでも会社が違うとか…とは思いましたが、こんなに種類があるんだから仕方ないかとも思いました。これで、無事にOSAKA PiTaPaに乗り換えが出来そうです。

JRなどに乗る際のPiTaPaのチャージは注意が必要。
こないだ、JRに久しぶりに乗る機会があったんです。 その時、PiTaPaしか持ってなかったんですがICOCAと同じ様に改札を通れると思っていたんですが、いざ、改札を通ろうとすると見事にはじかれて改札を通れませんでした。 結局、切...
PiTaPa
スポンサーリンク
raiをフォローする
頑張りすぎない生活。
タイトルとURLをコピーしました