てんかん患者はゲームを絶対してはいけないのか考えてみた。

てんかん

こにちは。

いきなりですが、皆さんはゲームってすきですか?私は、どっちかと言うと大好きです。

最近は、TVゲームはほとんどしなくなりましたがそれでもスマホのゲームは毎日してます。ちょっと時間が空くとついやってしまうんですよね。

そんな、ゲームですがてんかんだとどうしてもお医者さんから「ゲームは控えてね」とか親からもてんかんになってたのはゲームだと言わんばかりの事を言われたりといった事がありました。

私の場合は、てんかんの原因はハッキリとはしてなくて、ましてやゲームのせいなんて事は言われてないのですけどね。

そんな訳で、今日はてんかん患者にとって本当にゲームは悪なのかを考えてみようと思います。

【無印良品】今日から待ちに待った無印良品週間!収納ケースで部屋を片付けるぞ。
今年、初めての無印良品週間が3月15日から4月3日まで開催中です。 2月ぐらいから、欲しい物が少しずつ出て来ていて今回は部屋の片づけもしようと思って収納ケースなどが欲しかったので無印良品週間を待ってました。 そして、昨日テレビで...
素人が書いてますので、医学的に正しいとは限りませんのでご注意下さい
スポンサーリンク

ゲームの何が悪いのか?

私が思うにですが、「画面がチカチカするから」だと思ってます。

画面がチカチカする事によって、てんかん発作が起きる確率が高くなってしまうんだと思います。

それに、脳波の検査をした事ある人ならわかると思いますがこの検査の時も(目をつぶった状態で)目の前で光がチカチカします。このチカチカする時、私はけっこうしんどかったりします。

ポケモンショック

知っている方もいるとは思いますが、改めて簡単に説明します。

1997年に「ポケットモンスター」のアニメが放送されていました。ある場面で、光の点滅が激しく起こり、その放送を見た子ども達がてんかんの様な発作を起こしたり気分が悪くなったりしました。

これは、光過敏性発作(ひかりかびんせいほっさ)と言うもので光に対して起こる症状なのだとかで結構大々的に報道されていました。

この光過敏性発作が、てんかんの一種なのかどうかは素人の私には全くわかりませんが光によっててんかんを誘発するきっかけにはなるのではないかと思います。

それで、てんかんだからゲームは控えようとかゲームしてたからてんかんになっただとか言われる様になったのではないかな?と少し思った訳です。

自分の体調と相談しながら適度にする!

そんな事はない!と言いたいところですが、こればかりは症状が人により様々なので私にはなんとも言えないところではあります。(心配な時は主治医に相談をするのが一番です!

しかし、ある程度、薬で発作を押さえれているとか日常生活は送れるのであればやり過ぎなければ大丈夫だと思います。なんでもやり過ぎは体に良くないですしね。

それに、てんかんのない友達に「ゲームやってると、てんかんのせいか頭くらくらしてきたりするんだよー」と話をしたら「そんなん私もなるよ」と言う返事が返ってきました。

なので、てんかんであろうがなかろうがやはり何事も適度にやる事が大切なんだと思います。

ゲームをする上で、私の中で決めている事としては…

①長くても一回30分しかしない。

②なんか、しんどいとかくらくらする時(なんか普段と違うと思った時)はすぐに止める。

③光の点滅が激しい感じのゲームはしない。

④睡眠不足の時は、絶対しない。

こんな感じでやっています。

特に、②が大事だと思います。自分の体調と相談しながら、普段と違う体調や感覚になったらキッパリと止める。

最近は、TVゲームだけではなくスマホゲームでも光が激しい物が増えているので注意したいところです。

まとめ

何事も、「適度にやる事が大事」と言う事です。

てんかんだからダメなんじゃなくて、てんかんだけど適度には出来るよと言う感じになると良いなと思います。これは、他の事にも言えそうだけどね。

他人に危害を加えるかもしれない自動車の運転などは、「絶対」にしてはいけない事だと私は思いますがそれ以外の事については病気だからと言って出来る範囲を狭くしたらもったいないです。

ただ気を付ける事は、自分の体の状況を見ながらしんどい・なんかおかしいと思った時は無理をせず休んだり横になってゆっくりする事が大切だと思います。

私が他に気を付けている事は、映画館で映画を見てる時も光の点滅が激しい時は目をつぶってます(本当は見たいけど…)。

他にも、ディズニーランドのスペースマウンテンなどのように暗い中で光が点滅するようなアトラクションなどの時も目をつぶってます。本当は、乗らない方が一番なのかもしれませんがスペースマウンテン好きなんですよ。

好きだからこそ、どうやったら乗れるか?と考えた時にまずは睡眠不足では行かない。次に、点滅がきついなと思ったらすぐに目をつむる。これだけでも、少しは違う感じがします。

てんかんだと、いろんな場面でキツイ光の点滅に遭う事が多いかもしれません。

でも、それが絶対にダメとせず自分なりの切り抜け方があればゲームなどの自分の趣味も楽しめると思います。(やっても大丈夫か気になる方は、する前に主治医に相談して下さいね)

てんかんであっても自分の好きな仕事に就きたい。
仕事を探す際にてんかんであると就けない仕事もあるけど、最終的には自分のしたい事や好きな事を仕事にしたい。そして、できるなら職場にも「てんかん」である事を伝えておくと発作が起きた時も適切に対処してくれると思う。
タイトルとURLをコピーしました