花粉症対策~肌編~

アトピー

毎年毎年、この時期になると花粉症に悩まされてます。

毎年、いろんな花粉症対策をするのですが、少なからず症状は出てしまいます。本当に毎年困る…。

特に最近は鼻水よりも顔などの痒みが辛い。 顔や首などが真っ赤になって痒くてどうにもならなくなります。

でも、今年は良い物を発見しましたよ!

なので、今回は肌の痒みに対しての花粉症対策の話です。

スポンサーリンク

花粉・黄砂・PM2.5で肌に痒みが出る事もある

先ほども書きましたが、最近は花粉症と言っても鼻水よりも肌の痒み、赤みが気になる私です。 ちなみに、なぜか目だけはなんにも症状が出た事がないんです。自分でも不思議すぎます。

この時期は、花粉で肌が痒くなり、黄砂でも肌が痒くなり、PM2.5がひどい時も肌が痒くなり…。この三つの肌の痒みに共通していることは、服で隠れる部分はなんともないと言う事です。

だけど、反対に服から出ている部分は真っ赤になり痒くて痒くて水で洗っても薬を塗ってもなかなか収まらない様に感じます。

そんな肌に対する花粉症対策は??

①外出時は、肌を出さない様にする

これは、病院の先生に言われた事があります。 まぁ、服から出ていなければ赤くも痒くもならないのでその通りなのですが、顔はどうするの?って思いました。

たしかに、腕や首などは長袖を着たり首にはストールを巻いたりと対策が取れるのですが顔は布で覆うわけにはいかないですからね。出来たとしても、メガネをするなどしかないですよね。

②洗濯物も室内干しにする

これは、一度やってしまった事があって…。 外出してないのに、いきなり腕などが真っ赤になって痒くなってしまって。

そんな急にアトピーがひどくなる事もないと思ってて不思議で、病院の先生に聞いたところ「外に洗濯物を干してたんじゃない?」と言う話になって。

たしかにその頃は、外に洗濯物を干しててしかも黄砂のひどい時期だったので洗濯物に黄砂付き放題

そんな服を着たらそりゃ痒くもなりますよね…。 それ以来、ずっと部屋干しです。もう、外に干すのが少し怖いです。

顔の花粉対策には資生堂の「アレルバリア」

でも、今年はやっと顔に対しての花粉・黄砂に対しての対策が出来そうな物を発見しました。 それは、資生堂のⅾプログラムの「アレルバリア」

まず、資生堂のⅾプログラムと言う化粧品が敏感肌用に作られていて化粧水などもアトピーでも使える物になってます。しかも、けっこう潤う。

さすがに、アトピーがひどすぎる時は使えなかったですが少しアトピーが良くなってきて、「汁は出なくなったし赤みも減った。あとは乾燥だけだ!」って感じになってから使い始めると乾燥も少しづつ良くなってきてる感じがします。

化粧品なので個人差や合う合わない等があると思うので、まずはサンプルや1週間お試しキットもあるので使ってみると良いですよ。

私も、いきなり買うのは怖かったので1週間のお試しキットを購入して試してからにしました。

本題から少しずれましたが、「アレルバリア」に戻ります。

このアレルバリア、簡単に言うと塗ると肌に薄く膜を張ってくれるんです。
だから、花粉などから肌を守ってくれる。

しかも、日焼け止め代わりにもなり化粧下地としても使えるので塗るとなんか肌がきれいになってる感じもします。 アトピーには日焼けは大敵なのでけっこうピッタリな物です。

付け始めて、1か月ぐらいですが今のところ去年まであった真っ赤になって痒いと言う事はなくなりました。 ちなみに、私は顔だけでなく首も赤く痒くなりやすいので顔と首の両方に塗っています。

長くなったので詳しいアレルバリアの使い心地などは次にしたいと思います。

花粉・黄砂で肌が痒い・赤くなるのを防げる「アレルバリア」
花粉・黄砂で肌が痒くなったり赤くなったりする事もあるんですよ。それを防いでくれるのが「アレルバリア」。ついでに、紫外線や乾燥からも守ってくれます。
タイトルとURLをコピーしました